スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウム欠乏の事について

先日ブロ友さんからいただいたコメントで話題になったので

今日は以前にシナモンが発作を起こした

カルシウムの欠乏について書かせてください

腹筋割れはてな

モンモン

去年の6月10日の「緊急で病院」とゆう記事にも書かせて頂いたのですが

過去の記事の重複になりますが

是非みなさんの健康管理のきっかけの一つにしていただければ

ありがたいです困ったな

もんじろう

去年の6月にシナモンはカルシウム不足の為

発作を起こして危険な状態になった事があるんです

隠れみの術・・・のつもり

隠れみのもんた

それまでは毎月のように卵を産み続けていたシナモン

いまのように卵のスイッチを止める方法がまだ分からなかったので

ブーママも四苦八苦していたのですが

シナモンはタマゴを産み過ぎて

体の中のカルシウムの量がたらなくなったのが原因でした

夢中ですな

カルシウムは骨や卵を作るのに必要なのは

素人のブーママも知っていましたが

筋肉や体を動かしたり維持したりするのにも

とても大事な役割があるそうです

その大事なカルシウムが不足してしまったために

シナモンを大変危険な状態に合わせてしまったのですが

その時はすぐに病院へ連れて行き

カルシウムを注射してもらいました

その後エサと一緒にカルシウムのペレットやボレー粉

ネクトンMSAなどを与えて発作は起こらなりました


カルシウムの摂取もとても大事なことだと勉強になりましたが

やはり産卵はインコの体にとってはとても負担がかかるのだとも

思い知らされましたkao02


女の子を飼ってらっしゃる飼い主さんは

ぜひ気をつけてあげてくださいね困ったな


ちなみにシナモンの発作が起こった日

心配で急いで帰ってきたブーパパは

先生には触らずに絶対安静と言われてたのを無視して

ず~っとシナモンを手に包んで抱きかかえていたら

シナモンの発作は不思議とおさまりました

特等席

それ以来パパの手は

シナモンの特等席ですよ~笑い。

あ、皆さんは先生のゆうことはちゃんと

守ってくださいね~

今は元気すぎるシナモンとパパに

ポチおねがいしま~す

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : おかめ大好き♪
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~
過去の記事も一緒に読ませていただきました。

心臓がバクバクしました。シナモンちゃん大変な思いされたん
ですね。(>_<)

タマゴを産みつづけると二歳まで生きられないなんてそんな事言われたらさぞかしブーちゃんママさんもご心配だったでしょうね。


一歳未満はたまごを産むのはやはり早過ぎるのでしょうかね。(*_*)

ブーちゃんママさんに教えていただいていたのでぐーちゃんは
カルシュウム不足にもならず元気にしております。

感謝しております。m(__)m  ありがとうございます。

シナモンちゃんパパさんの手の中で幸せそうですね。

お医者様に言われても私も同じ事しちゃいます。(>_<)

安心出来る場所が一番ですし。

こんばんは~

元気いっぱいのシナモンちゃんにそんなことがあったなんてね~
きっとわたしもプーパパさんの立場になったら

パパさんと同じことしたと思います。
可愛いわが子ですもの(^_-)-☆

シナモンちゃん元気になれてよかったね~

シナモンちゃん、そんな大変な体験をしていたのですね。
驚きました。
そしてそこまでの診察&治療ができる獣医さんが身近に
いらっしゃるということに羨ましさを感じました。
私が住んでいる市には鳥を専門的に診れる病院は
わずかに2軒です。腕はどうなのか不明です。
私がオカメを飼っていたころはその2軒すらありませんでした。
シナモンちゃんは安心して治療してもらえる病院と
安心して身をゆだねられるパパの手があって幸せですね。
修道女のごとき生活をして長生きしてくださいね!


不覚にも目頭が熱くなってしまいました;アハハ
弱っているときこそ一番安心できる場所で落ち着きたいですよね~。
私は先生の言いつけを守ってしまいそうですが、
先生の言うことが全てじゃないんだよなと感じました。
勉強になります!

そんなこともありましたね

今晩は。
卵1個にどんだけのものを体の中から引き出してるのかって考えたら、
恐ろしいと思いますね。
人間も他の動物も同じって考えれば、
卵がどれだけ命削ってるのかと思います。
どーも卵って軽く見られがちな気がしますね。
今のところ阻止成功しておりますが、
やっぱりこの時期が一番気を使いますな~。
うちのおぜうはがりがりカトルボンを齧るので、
カルシウムの補給はそれなりに出来てそうなんですが、
余計なものの材料になりそうなのも事実ですわ…(^^;)
でも、
必要なもんですから外せませんしね。
換羽と卵産んじゃった後以外は、
ネクトンは与えないようにしてますわ~。

ブーママさんこんばんは!
今回はとってもためになる記事をありがとうございました!

去年の記事もじっくり読ませていただきました!
そんなことがあったんですね><
やっぱり卵の産みすぎは怖いんですね。
すぐに気づいて対処してあげられて、
本当によかったですね!!
うちも女の子がいるから気をつけなくちゃ。。
好きな男子が見えない位置にケージを置いたほうがいいのかな??
対策も難しいですね(*´・ω・)ゞ

写真のシナモンちゃん、どれもとっても可愛いショットです☆
一回り小さくなった印象で
女の子っぽくなりましたねぇ( *´艸`)

こんにちは!

そうでしたね~。あの当時はママさん大変でしたね。
シナモンちゃんも今ではとっても元気になって・・・

あの時の事を思えば少々の丸っこさは、可愛い!のうちです。
元気が一番ですもの!(わが娘もダイエットギブアップ)の時には
何時もこの言葉が出ます。

でも、甘すぎの親ですが、私もやっぱり元気が一番と思ってしまいます!

うさうさうさぎさんへ

うさうさうさぎさんこんばんわ(*^_^*)

過去の記事も読んで頂いてありがとうございます!

当時タマゴを止めるのに悩んでたブーママですが
先生にずっと産み続けたら2年くらいしか生きられないかも
と言われて必死になって対策を考えました。

タマゴを産む年齢よりも
やはり子供を残すつもりがないなら
絶対に産ませない方がいいと思います。

ぐーちゃんも女の子ですから
この時期の健康管理には
気をつけて下さいね(*^_^*)

少しでも参考にして頂けたらうれしいですよ(^^)

こうしてお返事書いてる横でも
シナモンはパパの手の中で
撫でてもらってますよ~(*^_^*)

紅葉さんへ

紅葉さんこんばんわ(*^_^*)

シナモンにも危険な時期があったんですよ。
当時の事は反省して
いまでは健康管理にはとても気を使ってます!

やっぱりパパの気もち分かりますよね(*^_^*)
私たちにとってはかわいい娘ですもの\(~o~)/

お久しぶりです~!
シナモンちゃん、元気になってくれて本当によかったです。
パパさんやブーちゃんママさんの心からの看病が
シナモンちゃんを元気にさせたのでしょうね。
とっても感動しました!!

パパさんの手の中で甘えているシナモンちゃん、
めちゃくちゃかわいいです~☆

Norikoさんへ

NOrikoさんこんばんわ(*^^)

以前はシナモンにもつらい思いをさせてしまいました
(;_;)
本当に修道女のようにメスであることを忘れて欲しいですが
やはり本能ですからなかなか難しいですよね。

病院はブー太郎一家が住む街にも
専門医はいらっしゃらないんですよ。
すこし遠いのですが
詳しいくて親切な先生に出会えるまでには
ずいぶん苦労しました。
ペットショップをまわって
こちらのインコちゃんが診察を受けている病院を教えてくださいと頼んで聞いてまわったのですが
やはり病院って飼い主さんとの考え方が合うかなどの問題もあってなかなか教えてくれなかったりするんですよ。

でもなんとか探して今の先生に出会いました(*^_^*)
病院が診察時間外でも休みの日でも
相談に乗ってくださって時間が合えば診て下さいますから
とても良い先生だと思います(*^_^*)

あと先生から聞いたのですが
我が家のブログを頼りに病院へ行かれた方もいらっしゃるようで
少しでも他のインコちゃんの役に立てたなら
ブー太郎一家も幸いです(^◇^)

ちなみに今日もシナモンはパパの手の上で
撫で方が違うと文句言ってますよ~(*^_^*)

banさんへ

banさんこんばんわ(*^^)

ブーママも当時の記事を読むと
少しウルウルしてしまいます。
そして今健康に育ってくれた事に感謝してます(*^_^*)

先生のおっしゃることはやはり専門家の適切な意見ですから
守るべきだとブーママも思っています。
でもいつもそばにいてチビ達の事を一番よく見ているのは
飼い主さんですからね(*^_^*)
そしてインコちゃんにとっても自分が病気の時に
そばにいて欲しいのは飼い主さんだと思います。
大事なのはやっぱりインコちゃんが何が幸せなのかを
考えてあげることですよね(*^_^*)

でもbanさんのお宅では
banさんの愛情はアンディちゃんにしっかり
伝わってますよね~(*^_^*)

まさきさんへ

まさきさんこんばんわ(●^o^●)

この時期は女の子の飼い主さんはやっぱり緊張しますね~。
親分さんがおっしゃるようにタマゴって言うと
なんだか簡単に生まれてくるイメージがありますけど
命を削って産みだしてるのですものね(._.)
繁殖目的でないならやっぱり全力で阻止するべきですよね!

なるほど豊富なエサが刺激にもなるとゆうことは
ネクトンなどの栄養剤が原因でタマゴを作るきっかけになることもありそうですよね!
我が家もちょっとその辺のバランスを考え直してみようかと
思いました(*^_^*)
まいど参考になるヒント
ありがとうございます(*^_^*)

upico☆さんへ

upico☆さんこんばんわ(^-^)

シナモンにもそのような事があったんですよ。
タマゴはやはり繁殖目的でないなら
頑張って阻止しなきゃダメだと思いました(._.)

今では元気になってパパにわがままばかり言う
娘になりました(*^_^*)
少し痩せましたかね(*^_^*)

我が家でも先生からはできるだけ男の子たちとは
隔離した方が良いと言われたのですが
我が家は狭いので現実的には難しいんです。
ですから他の事で気をつかって対処してますよ~( ^^)

upico☆さんもルーシィちゃんがお年頃ですから
是非注意してあげてくださいね~(*^_^*)

けいさんへ

けいさんこんばんわ(*^_^*)

本当ですね\(~o~)/
時の事を思えば
今の健康な姿はありがたい姿です(^◇^)

食べ過ぎもダメだと分かっていても
幸せそうに食べる顔にはかないませんよね(*^_^*)

ところで娘さんのダイエットは順調ですか~?

ちびぴよ☆さんへ

ちびぴよ☆さんこんばんわ(*^_^*)

私も当時の事を思い出すと
病気の時には適切な処置や良い病院に行く事が1ばん大事ですが
やはり愛情が大切だと思います(*^_^*)

当時の事を考えると
いま元気なのは本当にありがたいことです(^◇^)

ところで骨折のほうはいかがでしょうか?
そろそろもとの日常生活に戻れるころでしょうかね~(*^_^*)
ちびぴよ☆さんは誰の愛情で復活されたんでしょうかね~
\(~o~)/

やっぱりタマゴは負担になりますよね・・・
我が家の前に飼っていたルチノー♀が早世だったのも、やはりタマゴが原因な気がしています。

しかし人間のパパをオスだと思ってしまうなんてこともあるんですねぇ~~
いや男には違いないのでしょうが・・・
そうですよね。
人間の手やテレビのリモコンに欲情しているオカメ♂もいるんですもんね・・・

黒らぶさんへ

黒らぶさんこんにちは(^^)

やはり卵は女の子の体には負担になりますよね。
我が家のシナモンもいくら肥満とはいえ
やはりあんなに小さな体で一度に数個の卵をうむんですから
やはり命を削ってるんだなと思います(v_v)

そしてコスケがリモコン好きなように
「一休」がティッシュがすきなように
興奮する相手は鳥とは限らないようですね( ̄▽ ̄)
でも繁殖目的でないならやはり生ませないのが1番ですから
お互いに気をつけましょうね(^^)
プロフィール

ブーちゃんパパ

Author:ブーちゃんパパ
ブーちゃんパパ
本名は鳩大助。

我が家の子供たち
ブー太郎

ブー太郎(メス・5歳)

2007年5月10日生まれ

名前はブー太郎でも

実は女の子なのだ

 

一休

「一休」(オス・4歳)

2008年7月24日生まれ

超マイペースな甘えん坊

 

丸三中

まる(メス・年齢?)

2008年12月に我が家へ

元捨てられインコ

今は我が家の大事な家族

 

小助

コスケ(オス・20歳)

1993年1月21日生まれ

ビンが大好きな引きこもり少年

 

シナモン

シナモン 2012年2月29日永眠

ブーママリンク
来てくれてありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。